これからは居酒屋の時代なんです!尾形幸弘【ブログ】居酒屋学校

【商売の神さま「斎藤一人さん」から教わった経営の極意】

未来の経営者、現在経営者のみなさん、こんばんは。

居酒屋学校 尾形幸弘(おがちゃん)です。

今日も、商売の神さま「ひとりさん」から教わった経営の話をします。

 

 

尾形幸弘 居酒屋学校ブログ
(居酒屋学校 代表)

メルマガの1日前に、その一部をブログに公開!!

 

 

【これからは居酒屋の時代なんです!】

居酒屋という商売を裏側から見ると

もう、いっぱいできちゃって衰退産業。

『居酒屋をやっても、儲からない時代なんです』

って言えば、その通りなんだよ。

ところが、ひとたび『そうじゃない!これからは居酒屋の時代なんです』

と思ってやったら、まったく違う世界になる。

場末でもお客さんを呼ぼうと思えば呼べるし、地方から東京に進出することもできる。

店舗を増やすことだって、できるの。

それからね、『自分がやっている居酒屋の仕事は、ちっちゃい仕事なんだ』じゃないの。

やり方によっては、人に喜ばれながら、その仕事を億の仕事にすることもできるの。

それを自分がやりたいと思うかどうかなんだよ。

だけど、『一人さん、私、これからどうしたらいいですか?』っていわれても。

オレにはわかんない。

オレは自分のことはわかるけど、一人ひとりのことはわかんない。

一軒の店で、お客さんが楽しんでくれているから、私はそれでしわせなんです

っていったら、それでいいんだよ。

人間って、誰でも大きい会社の社長になったらしあわせ、というものじゃないから。

何をしあわせだと思うかは、一人ひとり違うからね。

だから、自分は店が2軒持てれば幸せなのか、20軒持ったら幸せなのか、

一度、本気で考えて、それから進んでいきなよ。

20軒にしないとしあわせになれない、200軒持たないと幸せになれない。

そんなこと絶対にないよ。

もう、商売っていったら、何でも、しゃにむにデカくする。

年商1億より、年商10億の人の方がエライように思っている人も多いけど、そういうものではないの。

商売のサイズって、商人の価値を決めるとか、そういうものじゃない。

商人の生きざまだろ?

生きざまの違いがサイズに現われるだけのことでしょ。

だけど、これからは大きく儲けるも、小さく儲けるも

人に好かれない限り、商人は儲けようがないよ。

昔は、土地なんか買ったりすると、どんなに魅力がなくても土地の値段が上がればお金持ちになれたけど、

今は魅力のない人がやってる店にはお客さんいかないんだよ。

ところが、場末の店でも流行る。

場末でもお客さんがきてくれるって、そこの人に人間的な魅力があるんだよ。

人間的に魅力があるから、人通りのないところでもお客さんがきてくれるんだよね。

だけど、オレは自分に魅力をつけるのに、誰かを抜きたいとか、

誰かに負けてるとか、そんなこと考える必要はないと思うの。

たとえば、今からオレがフィギアスケートやったって、

荒川静香さんみたいになれないじゃん。

だけど、やる前からそんなこと思ってたら、やろうとは思わないよね。

でも、今から一年間練習すれば、いくらか上手にすべれるようになるよね。

去年の自分より、『スケートができる』っていう魅力が一個増えるんだよ。

だから、魅力ってさ、、、

・・・メルマガにつづく(笑)

 

このブログの続きは【明日メールマガジン】でお伝えします。

▶︎▶︎メルマガご登録はこちら【無料です】

 

※メルマガの「バックナンバー」はこちら
http://ogatasachihiro.com/backblog01/

 

 

 

【居酒屋学校 事務局】

電話:011-736-5257 (担当三浦)
メール:management@ogatasachihiro.com

尾形幸弘~SNS~

★Instagram 「ogatasachihiro」
★facebook 「尾形幸弘」
★Twitter 「ogata4900」
★Ameba blog  https://ameblo.jp/mukarayu-ogata/
★official blog  http://ogatasachihiro.com/blog/
★メルマガ  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSoJqObGvIRnM

 

 

商売の神さま「大商人・斎藤一人さん」の紹介

2006年の「全国高額納税者(長者番付)」発表廃止までに納めた納税額は前代未聞173億円の歴代日本一。

それも、土地売却や株式公開などによる利益ではなく、商売の売上のみで歴代日本一の納税をした本物の「大商人」である。

商売の売上のみで歴代日本一の納税をしたということは、日本一商売が上手ということでもあります。

また著作家として、心の楽しさと経済的豊かさを両立させるための著書を数多く出版されてます。

 

関連記事

  1. 必要の無いものの方が儲かる!?尾形幸弘【ブログ】居酒屋学校

  2. ひとりさん流の経営の極意、、、それは【楽しい】

  3. 自己重要感を与える会社はますます繁栄し、奪う会社はどんどん衰…

  4. 経営者の初心

  5. ひとりさん流の「お金の話」尾形幸弘ブログ

  6. 1足す1で100を売るコツ

  7. 【店舗を増やすときのコツ】

  8. 「一人さん、経営者として大切なことってありますか?」尾形幸弘…

  9. 【どんな仕事でも、儲かるコツは同じ】尾形幸弘ブロブ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。