居酒屋学校メールマガジン【完全版】

未来の経営者、現在経営者のみなさん、こんばんは。居酒屋学校 校長の尾形幸弘です。

今日も、商売の神さま「ひとりさん」から教わった

貴重な経営の話をします。

 

 

 

前回の続きです。

 

今の時代はね、大切なものが二つあるんだ。

 

一つは「ノウハウ」

 

「ここの焼き鳥、うまいですね」とか

「ここの従業員、ハキハキしてますね」って。

それより、ズルズルしてた人をハキハキさせられる

場末の店にもお客さんを呼べる

そのノウハウの方が価値は高い。

 

 

それからもう一つ大切なのは「名前」

 

例えば、ここに「居酒屋さくら」というのがある。

この店が繁盛してて有名だとすると

そこで働いていた人が

独立したときにその名前を使えるんだよ。

要するに、そこの店のブランド力を生かせる。

だから「ノウハウ」と「名前」は

焼き鳥よりも、お酒よりも価値が高い。

 

ホントだよ、それを自分の店にも使いたいからって

お金を出す商人、いっぱいいるの。

 

この二つがある店で働いているんだとしたら

そこの従業員は「ノウハウ」を学び、「名前」も使える。

価値のあるものをタダでもらってるのと同じだよね。

そのうえに給料まで出しているんだから、すごいよいことをしてるよな。

そうやって経営者は、自信を持って

従業員に言えるようにならないといけないって、オレは思うんだ。

 

私「一人さん、やっぱりカッコいいですね…」

 

そうかい、ありがとうね。

オレのことはともかく

経営者がカッコいいっていうのは大切なことだよ。

やっぱり、社員はカッコいい経営者についていくものだからね。

ただ、オレがいうカッコいい経営者っていうのは

何か取りつくろったようなカッコよさじゃなくて

「みんなは、ウチのノウハウとか、店の名前をタダで使えるけど

それが欲しいからってお金を出す人もいるんだ。

だけど、オレはみんなにお金を払えとは言わないし

給料も相場ぐらいは払うよ。そのかわり

ともかく二人分働くつもりでお客さんに尽くしなよ」

って言えるかどうか。

 

それから

「時間があったら、このチラシ配ってきなよ」

とかって言えるかどうか。

店が繁盛していたら

チラシ配りなんて本当はやらなくてもういいの。

 

だけど、そういうことをやらないでズルズル育っちゃうと

自分が独立したときにお客さんが来なくてもじっと待ってる人間になるんだよ。

そうしたら、その店、潰れるんだよ。

でも、オレの店でチラシ配りとか

サービス券を配るとか

全部、徹底的にそれをやらせたら

自分が店を出したときに潰れずに済むんだよ。

だから、オレが従業員に「倍働け」って言うのは、オレなりの愛なんだよ。

 

 

私「一人さんがいうカッコよさって、つまりは愛なんですね」

 

 

ただ、「倍働け」て言った時に

その愛が相手に伝わらないといけないよ。

 

一人さんていう人間が自分のこと一生懸命に考えてくれている

と相手が思うか。経営者のただの欲で働かされていると思うか。

その違いで、相手の行動も違ってくる。

 

後者の場合、人は動かないよ。

がんばって働いたとしても、長くは続かない。

そんなんじゃ、働いてる人間、楽しくないもん。

辛いだけなんだよ。

辛いことを楽しいと思えって、難しいんだよ。

 

じゃぁ、どうしたら自分の愛が従業員に伝わるかって言うと

日ごろから、ちゃんと説明すればいいだけなの。

「みんな、いつか独立したいよな。

オレも独立させたいと思ってる。

その時のことを考えたとき

このままズルズルしてるとみんなダメになっちゃうから…」って。

この説明の、手を抜いちゃダメなんだよ。

わかるかい。

 

 

尾形幸弘メールマガジン【登録】はここをクリック

 

 

商売の神さま「大商人・斎藤一人さん」の紹介

2006年の「全国高額納税者(長者番付)」発表廃止までに納めた納税額は前代未聞173億円の歴代日本一。

それも、土地売却や株式公開などによる利益ではなく、商売の売上のみで歴代日本一の納税をした本物の「大商人」である。

商売の売上のみで歴代日本一の納税をしたということは、日本一商売が上手ということでもあります。

また著作家として、心の楽しさと経済的豊かさを両立させるための著書を数多く出版されてます。

 

 

 

【過去のメルマガが見られるようになりました】

メールマガジンのバックナンバーはこちら
http://ogatasachihiro.com/backblog01/

 

【尾形幸弘 個人コンサルティング】

 

 

居酒屋学校の卒業生の体験談は以下より

▶︎▶︎▶︎▶︎体験談はこちら

 

 

【大商人塾 事務局】

電話:011-736-5257 (担当三浦)
メール:management@ogatasachihiro.com

尾形幸弘~SNS~

★Instagram 「ogatasachihiro」
★facebook 「尾形幸弘」
★Twitter 「ogata4900」
★Ameba blog  https://ameblo.jp/mukarayu-ogata/
★official blog  http://ogatasachihiro.com/blog/
★メルマガ  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSoJqObGvIRnM