未来の経営者、現在経営者のみなさん、こんばんは。

居酒屋学校 校長の尾形幸弘です。

今日も、商売の神さま「ひとりさん」から教わった貴重な経営の話をします。

ーーーーーーーーーーーーーー

 

自分は

「従業員の為、お客さんのため」
「従業員みんなと仲良く、楽しく」

という店をやってます
っていう人がいるんだけど……。

それでうまくいってるなら
それが正しいんだよ。

ただ、「これから、自分もそういう店をやりたいんです」
っていう人もいると思うのね。

そういう人に、こういう考え方、やり方もあるよ、っていうので話すね。

例えば、オレが繁盛している焼鳥屋をやってるとするよね。

オレは、みんなに「世間並み以上の給料は出さないけど、二人分働いてね」て

はっきり言うの。

それで、二人分働いても

社員が「楽しくてしょうがない」って言ってくれるようなことを

オレは考える。

オレって、そういうタイプなのね。

口ではそう言っても、倍働かせた事は一回もないよ。

だけど、オレんところに来れば楽ができる

みたいなことを考えてる人間と仕事をしたくないんだ。

「私は倍働きます」て言ってくれる人間が来てくれたら

オレはその人のために倍働く。

実際はね、「倍働きます」って言っても

人間、人の倍は働けないんだよ。

「倍働くつもり」なんだよ。

だけど、楽な仕事で給料もらえたら

相手は寄生虫みたいな生き方になっちゃうじゃん。

そんな生き方をさせちゃいけない、って思わないかい。

それとね、話があっちこっち飛んじゃうんだけど

今の時代はね、大切なものが二つあるんだ。

一つはノウハウ。

「ここの焼き鳥、うまいですね」とか

「ここの従業員、ハキハキしてますね」って。

それより

ズルズルしてた人をハキハキさせられる

場末の店にもお客さんを呼べる

そのノウハウの方が価値は高い。

それからもう一つ大切なのは……

 

~続きは次回のメルマガで~

 

 

 

商売の神さま「大商人・斎藤一人さん」の紹介
2006年の「全国高額納税者(長者番付)」発表廃止までに納めた納税額は前代未聞173億円の歴代日本一。それも、土地売却や株式公開などによる利益ではなく、商売の売上のみで歴代日本一の納税をした本物の「大商人」である。商売の売上のみで歴代日本一の納税をしたということは、日本一商売が上手ということでもあります。

また著作家として、心の楽しさと経済的豊かさを両立させるための著書を数多く出版されてます。

 

 

 

【バックナンバーが見られるようになりました】

メールマガジンのバックナンバーはこちら
http://ogatasachihiro.com/backblog01/

大商人塾 尾形 幸弘

オフィシャルサイト http://ogatasachihiro.com

【大商人塾 事務局】

電話:011-736-5257 (担当三浦)
メール:management@ogatasachihiro.com

尾形幸弘~SNS~

★Instagram 「ogatasachihiro」
★facebook 「尾形幸弘」
★Twitter 「ogata4900」
★Ameba blog https://ameblo.jp/mukarayu-ogata/
★official blog http://ogatasachihiro.com/blog/
★メルマガ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSoJqObGvIRnM