卒業生の感想

堤下忠士さん

2018年3月までサラリーマンだった私、、、居酒屋学校に入ったことで、ど素人の私でも「居酒屋を経営できるかもしれない!!」と確信でき、居酒屋学校のおかげで、お店の名前もメニューも決定しました!お店のオープンが楽しみです。

 

下川諒さん

マスターの教えは本当にすごいです!こんなに教えてくれるときも愛がある人は、他にはいません!
本当にいません、学ぶことができて本当に感動しました。

松尾さま ご夫婦
(奈良県で「焼き鳥 おりどり」を12店舗経営)

居酒屋学校の感想

まずは初日にして、100万円は安い!と思いました。
マーケティングの事に関しては、さくらファミリーのシステムについて
「そこまで教えてもらえるの??」と思いました。
完璧な内容で、離職する人が居ない理由が充分わかりました。

何より、社員を大切にする尾形社長の愛情の深さに感動しました。
お会い出来たスタッフの方、全員が尾形社長を大好きなのも、ものすごく伝わりました。

奈良に帰ってからすぐ教えていただいたことに全力で取り組みます。
とっても明るい未来が見えます!

ありがとうございました。
感謝、感謝、感謝です。

感想を語ると、3日ほどかかりそうです。ほんとに。
あと、今まで経験したことのない面白い話も、一生の思い出です(^^)

平田善則さん
(イタリアンバル「日の出丸」)
飲食店を経営している私にとっても、想像以上の知識の豊富さと、多彩なスキルのオンパレードに驚きの連続でした。

飲食店を経営している人だったらだれでも、この居酒屋学校は役立つと確信しました。
久利生 絵美さん
(栃木県)
みなさん優しく接してくれて、親身に向かい合って教えてくれて、これを機に人生が良くなると確信しました。

北川 真さん
(焼き鳥屋「食酒房 真ゆき」)

尾形社長のアドバイスで、売り上げ月間100万円だった売り上げが
現在は290万円のうりあげまで「約3倍」アップすることができました。

尾形校長のアドバイス通りにやったら成功間違いなしです!!

橋川昌弘さん
(建築業、不動産業 代表)

尾形さんに出会い、コンサルティングを受けて、開始早々10分で号泣!
いろいろな研修、セミナーに受講してきました。そしていろいろ自分でも模索しながら実践してきました。
でもなぜか自分らしくない!なぜか無理があって、こうした方がいい、こうしなければならない!といった、窮屈さのなかで過ごしてきました。
尾形さんは、そんな僕と会って全てをわかってくださったかのように!
「経営者の仕事って、本当はどういうことが仕事なのか?わかるかい?」から始まり、わたくし橋川は、開始早々10分で号泣するという、感情など人前で見せることや、表にだすことがなかった自分が、感動というカタチで表現している自分がいました。
全てが尾形さんからの一言でした。
それが愛についてでした!
自分にとって、何かを思い出すかのように、本来の自分を取り戻すかのように、こころ温かく
自分にもっとも必要としているお言葉を!メッセージを!いただけました。
世の中にある、経営哲学やマーケティング論を否定するわけではありませんが、尾形さんからのお言葉が、今の自分にもっとも必要であり、この言葉と出会うために今日までやってきた!
そんな感じがしました。
こんなにも温かく愛をもって接してくれる
尾形さんに、いつの間にか尾形さんのようになりたいって思っている自分がいました。
コンサルティング中も、早く会社に活かしたい
早く社員さんに伝えていきたいといった衝動となり、心の内にあった、変な物質、固まりみたいなものが、取り除かれたのがわかりました。
コンサルティングを終えた後もなぜか、手も震え、足も震えで涙がとまらずにいた自分。
早くみんなに会いたい!今の自分が本当の自分であり最高の状態!と思いながら周囲に目をやると、そこには本当に綺麗な桜が咲いていました。いつもならキレイだな。と終わっていた自分。でもそのキレイさに心から魅了されていた自分にこれが本当の自分だ!って思えました。
コンサルティングを受けてからの4日後の朝礼のとき、創業当時から一緒にいる社員さんから「社長!なにか雰囲気が変わりましたね!」
と、なんとも涙ものの、嬉しい言葉をいただきました。
LINEでのやりとりも、スタンプや、顔文字を使用できるまでに成長した自分。こうしなければならない、ああしなければならないといった社長業から、ようやく脱した自分。自分と本当に戦い、自分に本当に厳しくしていた自分。
ですが自分に優しく生きることが本当は自分への接し方であることも、尾形さんは教えてくださいました。
尾形さんに出会い、コンサルティングを受けて
本当にありがたく感謝しております。
感謝しても感謝しきれません。
また報告にきます!
本当に本当にありがとうございました。